防風通聖散 生漢煎の効果と副作用って?

生漢煎の成分による効果と他の薬を使う際の重複や副作用に注意

 

 

生漢煎は18種類の生薬からできている漢方薬で、それぞれの生薬の効果が重なり合うことでダイエットを成功させることができます。生漢煎に向いている人の特徴としては、つい食べ過ぎてしまう・便秘に悩んでいる・むくみやすい・脂肪が付きやすくやせにくい、といった悩みを持っている人になります。

 

そして、生漢煎に配合されている生薬の成分には、便秘やむくみを改善してめぐりをよくする働き、脂肪を燃やす褐色細胞を活性化することで脂肪を燃やしやすくする働き、胃熱を冷ますことで食べ過ぎを抑える働きがあり、こうした各働きが体の中で反応しあうのでなかなか結果が出ない人も結果を出しやすいんですね。

 

ただし、各成分が各悩みに働きかけるのがこの生漢煎の仕組みなので、もし他に薬を飲んでいたり飲もうとしていたりするのであれば、生薬の働きと重複する成分がないかや、薬の働きを抑えたり副作用をもたらしてしまう可能性がある成分はないかを確認する必要があります。

 

 

 

たとえばお通意を改善したいがために生漢煎だけでは心配だからと、さらに下剤を飲むなんてことをすれば改善どころかお腹を下して下痢をしてしまいます。簡単に考えると下剤を必要量の2倍飲んでいるような状態になるため、そうした重複するようなものは飲まないようにするか生漢煎を休むなどして、できれば医師に相談して飲むようにしましょう。

 

 

防風通聖散は効果 口コミ