生漢煎をのむタイミングはいつがベスト?効果的なのみ方ってあるの?

生漢煎をのむタイミングはいつがベスト?効果的なのみ方ってあるの?

 

 

せっかく生漢煎でダイエットをしようと思っても、のむタイミングを間違えてしまうとその効果は激減するどころか全く意味をなさない場合もあります。

 

 

 

生漢煎の役割は胃熱を冷ますことで食べ過ぎを防ぎ、溜まった脂肪を燃やしやすくするというのがダイエットとしての効果を発揮するので、ベストなのむタイミングは『食前』になります。食べる前に飲むことで食べ過ぎを防ぐことができれば、過剰なエネルギー摂取をしてさらなる脂肪の蓄積を防ぐことができるので、必ず食前にのむようにしましょう。

 

ちなみに食前とは食事をする30~60分前を言います。ですので、食事をする直前ではなく時間を十分に確保して、できれば水よりは白湯で飲むことをおすすめします。というのも、水で飲むのが問題というわけではないのですが、白湯で飲むことで内臓が温まるのでその分成分行き渡りやすくなるんです。

 

 

 

ですから、食前に白湯で飲むということを徹底すれば体が温まる分代謝もあがり、代謝があがると脂肪も燃えやすくなるので効果を早く実感しやすくなることが期待できます。

 

生漢煎を飲んでいるけどなかなか効果を感じにくい、もっと早く効果を感じたい、他の人よりも効果が出るのが遅い気がする。そう感じている人はのむタイミングを見直してみて白湯を使って飲んでみてはいかがでしょうか。